おすすめのペットトリマー資格通信専門学校

こんにちは、毎回おすすめ情報を発信する【レコメンド・スタイル】の横山です。

今回は、お勧めのペットトリマー資格通信専門学校、「日本ケンネルカレッジ」をご紹介したいと思いいます。

※尚、通信がご希望でない方は、ページ最後のほうに「ペット専門学校」「動物専門学校」が比較できる情報を掲載してますので、そちらをご参考下さい。


「日本ケンネルカレッジ」は、国内最大級の施設を保有するペット関連教育グループである、学校法人つくば文化学園「つくば国際ペット専門学校」の直轄通信専門学校になります。

「つくば国際ペット専門学校」は本講座の母体であり、ペット業界においては最大規模のペットの専門学校。

動物専門学校10年以上の運営実績を持ち、就職率98%という抜群の実績を誇っているんですね。

そんな「つくば国際ペット専門学校」がバックボーンにあるので、学習カリキュラムがとても充実しているのです。

ペットトリマーの年収

■ペットトリマーの年収はどのくらい?

トリマーの年収はというと、平均で月給約14万円〜20万円といわれていて、年収では賞与を抜いて約180万円〜250万円と多いです。

人気のトリマーとなると、そこに賞与などが加算され年収は約300万円〜500万円前後となることもあります。

しかし、トリマーの年収は、地域や勤務するペットショップによって大きく変わるため、これより少ない場合もあります。

トリマーは個人経営のショップで採用されることが多いので、小さな店舗の場合には社会保険などの福利厚生が整っていないところもあります。

そのため、就職先を探すときには給料の他に福利厚生面もきちんと確認することが重要です。

給料が比較的高くても社会保険などの待遇面がしっかりしていないと、逆に引かれる分が多くなる可能性もあるからです。

福利厚生も含めて考えると、大手チェーン店などに勤務すると比較的安定した働き方ができる可能性が高くなります。

ただし、規模が多きければそこにはノルマなどが発生することも考えられるほか、ペットショップとの併設となると、関連商品の販売などトリミングの仕事以外をしなければならない状況が出てくることも考えられるため、様々な面を含めた総合的な判断が必要となりそうです。


■ペットトリマーの年収は地域によって差がある?

トリマーの平均月収は正社員でも14万円〜20万円程度と、他の職種と比較すると安いですが、地域によっては更に安く月収11万円〜15万円というところもあり、控除されるものを含めると10万を切ってしまうこともあるようです。

またペットショップによっては、資格手当がついても5000円程度だとも言われています。

ではなぜこんなに収入が低いのでしょう?

現在はペットを飼う家庭が多くなってきていますが、どのワンちゃんにもトリミングが必要かというとそうではなく、トリミングを必要とするワンちゃんはその一部に過ぎません。

それに、シャンプーや爪切りなどは自宅でも十分できるので、利用するお客様が少ないということがあります。

トリミング料金は犬種によって異なりますが、シャンプー付きで約3000円〜なので、決して安いとは言えません。

また、有名人が多く利用する人気のペット美容室などは都会にしかなく、全国的に見ても少ないので需要が無いことも大きな理由です。

この仕事で高い収入を得るためには、自分にしかできないような独特なカット技術やセンスなどがあれば、それを活かせる場所で活躍することが有効です。

そのために、都会の有名ペット美容室などで修業を積めると良いです。

ペットトリマーに求められる能力

ペットトリマーの仕事は、一見すると美容師的な要素が多いですが、人間の美容師さんと大きく違う点は、毛髪だけではなく全身に対してシャンプーやカットを行う点です。

もちろんそれだけではなく、耳の掃除や爪切り、ブラッシングという仕事も行います。

またその中でペットトリマーは犬の健康状態を観察し、ノミ、ダニ、皮膚の異常がないかもCHECKします。

そのような仕事をするには、美容の知識や技能だけではなく、ちょっとした獣医学や栄養学等の知識も必要になります。

さらにペットトリマーには体力や忍耐力も必要です。

ペットの中には飼い主以外になつかない場合もあって、カット中に暴れたり、咬み付かれるケースもあります。

また、大型犬をトリミングする場合は、ブラッシングだけでも数時間を費やすこともあるんです。

そのような状況においても、お客さんには満足してもらえる仕事を行なわなければならないので、体力も精神力も兼ね備えておく必要があるのです。

今後も高まるペットトリマーの需要

近年は小さな犬をマンションなどの室内で飼う人が増えてきましたね。

室内で飼われる犬は、毛足のケアだけではなく臭いも気になります。

そのため、都心を中心にトリミングサービスを行うペットショップや動物病院はますます増えていくことでしょう。

今後は独立するペットトリマーも増加傾向にあります。

また愛犬のお洒落を総合的に演出できるプロデューサー的な要素も必要になってきますよね。

「日本ケンネルカレッジ」は、将来のトリミング市場の動向をしっかり見据えながら、「犬体モデル」を使い、実際にカットをすることで高レベルの技術が身に付くよう配慮しているのです。

取得可能資格


     



では、「日本ケンネルカレッジ」で学んでどんな資格が取得できるのか見てみましょう。


JCSA 認定「ドッグトリマー」


JCSA認定「ドッグトリマー」インストラクターA・B・C級


・◎「愛犬飼育管理士」※(社)ジャパンケネルクラブ


・◎「優良家庭犬」GCT 受験合格者※優良家庭犬普及協会


受講者には◎印の団体から1 つを選択し、合格対策公式テキストを無料贈呈

※愛犬飼育管理士、優良家庭犬はいずれかを取得すれば動物取扱責任者登録が可能。

※JCSA とは一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会

※日本ケンネルカレッジでは上記の団体を推奨

就職や開業のサポート

資格を取得したけど就職は?……

「日本ケンネルカレッジ」では就職・開業支援キャリアセンターが支援しています。

「つくば国際ペット専門学校」グループは、国内最大級の教育システム、ペット専門の教育施設を保有、就職インターンシップ先の実績団体でも現在100ヶ所以上あるんですね。

必然的に当グループには多くの求人情報が集まってきます。

そのような情報を就職、開業支援キャリアセンターの専門スタッフが本人の希望や適性を考慮しながら、きめ細やかなアドバイスで応援していくのです。

今の時代、カリキュラムが充実してるのは当たり前、やはり、選ばれる基準は就職率にあるようです。

◆ 公式サイト ◆

ペット専門通信資格「日本ケンネルカレッジ」はコチラ

- コンテンツ -

ペットトリマーがトリミングサロン開業までの道のり

ペットトリマーの専門学校で学べること

ペットトリマー資格にかかる費用

ペットトリマー・老犬の介護施設

運営者情報