ペットトリマー資格にかかる費用


     



ペットトリマーに対して多くの人はペット版の美容師さんのようなイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし、実際には単にペットを美しくするだけではありません。

ペットトリマーはカットによってペットの外見を整えるとともに、全身のシャンプーやブラッシング、爪や耳の手入れ、皮膚や寄生虫のチェックまでを行う仕事です。

そのため、美容師の仕事に医療的な知識も求められる仕事なのです。

実際にペットトリマーが病気を一番に見つけてくれることは多いです。


以前は裕福な家庭で育てられているペットだけに行われているイメージでしたが最近では多くの人がペットに対してお金をかけるようになり、一般の人も多く利用するようになっています。

ペットを室内で飼うようになったことも理由のひとつであり、毛の手入れやグルーミングは必要不可欠になっているのです。

またトリミングを行わないといけない犬種であるトイプードルなどが人気になったことも需要が増加している原因になっています。


ではペットトリマーになるためにはどのようにすればいいのでしょうか。

また、取得のための費用にはどれくらいかかるのでしょうか。

実はペットトリマーは国家資格ではなく、民間資格です。

そのため、多くの団体が関係する資格の認定を行っている状況です。

その中でもっとも有名なものとしては、ジャパンケネルクラブ(JKC)の公認トリマー資格というものがあります。

お店の採用条件にこの資格のB級以上を要求する場合も多く見られます。

取得するための方法は主に2種類です。


一つ目はジャパンケネルクラブが認定している養成機関に入学し、勉強を行うことです。

卒業試験に合格すればC級を取得することが出来ます。

さらに引き続いて在学し、必要な課程を習得していくことでB級やA級を取得することも可能です。

学科から実技までを学ぶことが出来るのでトリマーに必要な知識や技術を学ぶことが可能です。


二つ目は独学による方法です。年齢18歳以上で2年以上の会員歴は必要となります。

学科は自分で必要な知識を勉強し、学科は職場で学ぶという人が多いです。

毎年行われる試験に合格できればC級を取得することが出来ます。取得してから2年がたてばB級、さらに3年がたてばA級の受験も可能です。

試験にかかる費用は受験料であり5300円となります。

通学の場合には入学金やテキスト代、受講料、実習で使う器具などの費用で50万円から100万円程度のお金が1年で必要でしょう。

ペットトリマーの資格を取るならここが私のお勧めですのTOPページへ