ペットトリマーの専門学校で学べること


     



トリマーとは、動物の手入れ一般の仕事を意味しており、ペットトリマーとはペットの動物に対して毛をカットしたり、全体的な手入れを行う仕事になります。

近年、ペットブームによって犬などの動物を飼育している人が増加しており、室内で飼育することも多くなっています。

番犬ではなく愛玩を目的としていることも増加しており、毛や容姿の手入れが必要な犬種なども増えてきているのです。

そのため、毛や容姿の手入れを行うペットトリマーの需要が高まっているというわけ。


ペットトリマーの仕事は、ペットの全身に対してシャンプーやカットを行うだけではなく、耳の掃除や爪切り、ブラッシングなどの仕事も行います。

また、動物の健康状態を把握し、ノミやダニ、皮膚の異常がないのかもチェックすることも行うため、美容知識や技術だけではなく、獣医学や栄養学などの知識も必要となる仕事です。

動物が好きで根気や体力に自身がありトリマーになりたいという人は、主にトリミングスクールやトリマー専門学校などのカリキュラムで学習し、一般的な知識や技術習得ができます。


専門学校では様々なカリキュラム用意されていて、トリマーのカットや犬の健康状態を知る知識、練習用の犬体モデルでの練習などの知識を得ることができるほか、動物看護士や老犬介護、ドッグトレーナーやブリーダーを養成する講座などがあったり、ペットの美容やトレーニングなどを学べる学科などがあります。

学習して行く上で、疑問点や不明点についてもきちんと応えてもらえる学習サポートシステム、学習が遅れても延長できる教育保障制度なども整っています。


最近では、ペットが飼えるマンションなども増えてきていて、室内で飼われる小型犬なども多くなっています。

そのためケアや臭いなども気になることが多くなり、都内を中心に、トリミングをおこなうペットショップや動物病院もずいぶん増えました。

専門学校で資格を取ることによって、ペットショップや動物病院への就職や開業を支援するキャリアセンターの支援をして貰うことができるようになります。

多くの求人情報が集まってきているため、専門のスタッフが本人の希望や適性を考慮したアドバイスで、就職などを応援してくれます。

専門学校では「ドッグトリマー」「ドッグトリマーインストラクターA・B・C級」「優良家庭犬」「愛犬飼育管理士」などの資格を得ることができます。

ペットに関して資格を取りたい人や、本格的にペット業界で活躍したい人などには、おすすめの学習カリキュラムで学ぶことができます。

ペットトリマーの資格を取るならここが私のお勧めですのTOPページへ